ダイエット

炭水化物ダイエットとは

炭水化物ダイエットとは低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット・アトキンスダイエット)とも言われ、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

 

血糖値について

食べたものはまず胃や腸で消化され、分解されます。分解されると、

炭水化物(ご飯やパンなど)→ブドウ糖
タンパク質(肉や魚、大豆など)→アミノ酸
脂肪(肉の脂やバター、サラダ油など)→脂肪酸

などに変わります。
そうして血液中に吸収されていくのですが、この血液中に入った、ブドウ糖が「血糖」と呼ばれ、血液中のブドウ糖の濃度を測定したものが「血糖値」です。

 

血糖はすぐにエネルギーに変わりやすいので、運動をすると燃焼します。しかし、使いきれなかったぶんは、体に蓄えられます。これが「体脂肪」になります。

 

しかしだからといって、完全に血糖を抜いてしまってはいけません!!

 

血糖はエネルギー源としてある程度は必要です。人間にとっての血糖は、車にとってのガソリンのようなものだからです。

 

具体的な食べ物について

女性の好きなパンやパスタなどは、炭水化物のかたまりですので、血糖値を上げやすく、とても太りやすい食べ物です。
反対に、脂肪の少ない赤みの肉や白身魚などは、太りにくい食べ物です。

 

まとめ

要するに、血糖値が高くなると、使いきれない余分な血糖が発生しますから、太りやすくなるわけです。
運動するか、炭水化物を無理ない程度に制限して健康的に痩せましょう!!

ダイエットレシピ

肥満の原因は、その大半は「食生活の乱れ」です。摂取する栄養のバランスとカロリーを守れば、健康的な体を保つことができます。カロリーを考えてレシピを作ると自然とダイエットができますよ。

 

摂取カロリーの目安は
女性

  デスクワークや

家にいる主婦など

立ち仕事や営業 1日1時間程度運動する人 1日1〜2時間激しい運動をする人
20代 1800kcal 2000kcal 2400kcal 2800kcal
30代 1750kcal 2000kcal 2350kcal 2750kcal
40代 1700kcal 1950kcal 2300kcal 2700kcal

 

男性

  デスクワークや

家にいる主婦など

立ち仕事や営業 1日1時間程度運動する人 1日1〜2時間激しい運動をする人
20代 2250kcal 2550kcal 3050kcal 3550kcal
30代 2200kcal 2500kcal 3000kcal 3500kcal
40代 2150kcal 2400kcal 2900kcal 3400kcal

 

ダイエットレシピ タニタ

ダイエットレシピの代表格といえば「タニタ食堂」です。 メディアでも話題になったので有名ですよね。 タニタは、体重計など計測器の大手メーカーです。 「おいしく、お腹いっぱい食べていたら、知らないうちにやせていた」をコンセプトに運営したタニタ食堂がNHK「サラリーマンNEO」で取り上げられ、「体脂肪計タニタの社員食堂」 という書籍がシリーズ累計420万部発行という爆発的なヒットとなりましたね。

 

ネットでもタニタ食堂のレシピが一部公開されています。 NAVERまとめサイトはなかなか見やすいですね・・・ 最近ではスマホアプリもありますよ。 画面を見ながら、料理ができるので便利ですね。 

痩せる方法は数限りなくあります。その中で何を選ぶかは自分の判断です。ただ、普通に考えて、太っているのは脂肪が溜まっていることなので、それを燃焼させないといけません。

 

健康体になれば、自然に痩せることができます。そのためには、食事や運動をバランスよくすることが大切です。なので、トマト、納豆、豆腐など一つの食物をただ食べ続ければ良いということはないのです。それに、骨盤ダイエットなど腰を矯正するだけでは痩せることはできません。

 

世の中にはダイエットの方法が溢れています。ということは、失敗する人が多いということでもあるそうです。人って変わろうと思っていてもなかなか変わることができないんですよ。仮に一時的にやせれたとしても、それは体重限定で理想の体型を得ることはかなり難しいですよ。